【最終結果発表!】 「JAPAN BACKPACKERS LINK AWARD 2013」

Screenshot_398.png

  English

【最終結果発表】 

Screenshot_399.png

 

【総合部門 大賞】 異例の2軒同時受賞!

Screenshot_405.png

東京浅草 カオサン東京歌舞伎 http://www.khaosan-tokyo.com/ja/kabuki/

優秀賞の常連であるカオサン歌舞伎が、ついに大賞の栄冠に!
本年度は恐るべし安定感で年間を通してハイアベレージを維持し、国内外からの旅人の支持を集めた。前半は気配りのマネージャー馬込氏奮闘、中後半戦は新店舗立ち上げの為に不在となった宿を馬込氏に代わり、女性スタッフ4人で更なる改革を進め、いったいこんなにも「旅人の痒い所に手が届く」ゲストハウスとは、いかにして生まれるのであろうか?というところまで高めた。
バックパッカー宿であるゲストハウスに求められるサービスとは、決して過剰な行き過ぎたものではなく、必要な時に必要な分だけ欲しいものである。それに気配りの効いた+αがあるのだから旅人は感心しきり。

カオサングループの中では決して新しいわけでもなく小さなゲストハウスとなるが、立地・設備・スタッフ・心配りの揃ったTHEゲストハウという貫禄さえ感じられる。もはや日本のゲストハウスのランドマーク的存在でもあり、世界の著名なゲストハウスオーナーやデザイナーがお忍びで視察に訪れる。

 

Screenshot_406.png

伊勢のゲストハウス風見荘 http://ise-guesthouse.com/ja/ (2連覇)

おめでとうございます、2連覇!
これだけ新規のゲストハウスが乱立し、また既存のゲストハウスもレベルを上げていく中で、今年も風見荘を押す旅人の支持は強かった。2010年~11年に2連覇した東京入谷のゲストハウスtoco.の後、当分は2連覇するゲストハウスは出ないであろうと思われたが、ある意味世間の流れに迎合せず、オーナーの「独立独歩 我、我が道を行く」、そのゲストハウスのあり方に多くの国内外の旅人が共感し憧れさえ抱く。
系統としては、月光荘や名古屋ゲストハウス音速別荘的な流れであるが、それを一歩も二歩も昇華させたバックパッカー宿と言っていいだろう。

小規模な個人経営のゲストハウスほど、オーナーの個性が滲み出るものはない。
まさに風見荘はオーナーの生き様そのものであり体現なのかもしれない。それだけに、宿にオーナー不在であれば大抵の宿は大きく評価が下がるのがこの手の宿の常。しかし風見荘に関しては、ゲストハウスそのものに力があるため、オーナー不在でもその評価が下がることがない。これはなかなか簡単にできうることではない。"バックパッカー宿の居心地の良さ"とは何であろうか?その答えは伊勢に行けば体験できる。伊勢に風見荘あり!なのである。

 

【総合部門 優秀賞】

仙台 ゲストハウス梅鉢 http://umebachi2009.com/

東北にあって質の高い暖かな滞在を提供してくれる。優秀賞の常連。
宿泊者の声 「初めてのゲストハウスデビューを梅鉢にして本当に良かったです。」


東京入谷 ゲストハウスtoco. http://backpackersjapan.co.jp/

言わずと知れた、日本のゲストハウスのあり方を大きく変えた金字塔。
理念は「あらゆる境界線を越えて、人々が集える場所を。」

 

カオサン東京ラボラトリー http://www.khaosan-tokyo.com/ja/laboratory/

その名の通り、カオサングループが更なる飛躍を賭けて意欲的な実験を試みた。
その実験は、部屋割りやカラーリング、女性向け&3人部屋など多彩な仕掛け。

 

カオサン東京忍者 http://www.khaosan-tokyo.com/ja/ninja/

バックパッカー向けゲストハウスで間違いないが、これほど多彩な使い方をされるのも珍しい。
浅草橋にあり秋葉原も徒歩圏。利用者は旅人、就活、出張、受験、海外からの受験 他多彩。

 

Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE http://backpackersjapan.co.jp/nui/

Backpackers' Japan が運営する、ゲストハウスtoco.に続く意欲的な2号店。
一階にあるアラスカの春をイメージして作られたバーラウンジは圧巻!

 

カオサン京都ゲストハウス http://www.khaosan-tokyo.com/ja/kyoto/

日本インバウンドの聖地 京都の看板ゲストハウス。巨大な共有和室リビングは、自然と旅人を結びつける。
宿泊者と地域の結びつきを大切にする数々のイベントを、年間を通して定期的に継続している。
 

京都 一円相 http://www.ichiensou.com/

優秀賞の常連であり、京都が大賞を取るならこのゲストハウスが筆頭との呼び声も。
オーナーやスタッフと宿泊者の交流が濃密。とてもこじんまりとした宿で、それをメリットとした接客が有名。

 

京都 PIECE HOSTEL KYOTO http://www.piecehostel.com/

大型ホステルとして新築で京都駅前にオープン。建物はグッドデザイン賞を受賞した。
一階にはバーラウンジがあり、東京のNui. HOSTEL & BAR LOUNGEと比較される。
 

高野山ゲストハウスKokuu http://koyasanguesthouse.com/

高野山のお山にあって、国内外からの旅人や巡礼者をスタイリッシュなデザインで迎えている。
建物内はオーナーの英国ダンディーかつクールな趣味で、DJでもあるオーナーの選曲が心地よい。

 

カオサン別府はまゆう http://www.khaosan-tokyo.com/ja/beppu/

湯量日本一を誇る別府にあって、日本唯一の源泉掛け流しインターナショナルゲストハウス+足湯付き。
近隣には系列のバーもあり、館内には空手道場も併設。「乳児・幼児も歓迎!出産してくれてもOKです。」

 

長崎かがみや http://www.n-kagamiya.com/

すでに、アジアの女子からは、九州行ったら「かがみやで着物」は合言葉!
日本人女子からも大人気。台湾女子からの推薦が本アワードで最多。

 

※大賞が2軒になりましたので、優秀賞は11軒となりました

 

【JBL選考委員長特別賞】

Screenshot_407.png

神戸新開地ユメノマド http://yumenomad.com/

日本のゲストハウス界にあって、新新新時代の予感!
ゲストハウス後進国であった日本のゲストハウス界をまず先陣を切って牽引してきたのは、ケイズゲストハウスグループ、ジェイホッパーグループ、そしてカオサンゲストハウスグループであろう。単体のゲストハウスとしては、北海道小樽の「杜の樹」等がある。

ゲストハウスという宿泊用の箱を、ただの宿泊施設だけではないと、新たな使い方を示して新時代を切り開いたのが、大阪玉造にあった由苑。(現在は大阪福島に移転) それと時期を同じくして独自の理念で突破していったのがゲストハウスtoco.であった。

そして今、新たな息吹を感じる。
それは勢いやブームや一時の亜種ではなく、確実に根を張った複合型ゲストハウスの芽生え。
一言でいってしまえばアート的な流れ。しかしそれはアート系ゲストハウスとして有名な、京都のゲストハウス「パンとサーカス」とも違う質の流れ。決して日本中のゲストハウスを巻き込んでいくような強さではなく、「そんな場が、こんな場があってくれて本当にありがとう」と思わず言わずにはいられなくなるようなゲストハウス。

まだまだ未知数だが、すこしずつ確実に神戸新開地に影響を与え、神戸に影響を与え、日本にある同様の施設に影響を今後与えていくであろう流れ。
今後も『神戸新開地ユメノマド』から目が離せない。

 

 

【地域コミュニティー&インバウンド貢献賞】

〔大 賞〕 

Screenshot_408.png

長野須坂 ゲストハウス蔵 http://www.ghkura.com/

この宿がオープンした時、誰がこれほどにまでこの地域を変えると考えたであろうか?
長野県須坂市、全国的にこの町の名をどれだけの人が知っているだろうか?

古民家改装ゲストハウスなど、もういくらでもある。町屋ゲストハウスもいくらでもある。
もはや古ければボロければ古民家なのか?しかしゲストハウス蔵は違った。これぞ本物の古民家だ!リノベーションの具合も程よいし、併設のカフェも町に馴染んで心地よい。

既に多くの国を旅し、多くのゲストハウス利用し倒したバックパッカーが、「ここは本物の日本だね」 「あぁ、これが和の暮らしなんだなぁ。」と口にする。日本人の女将とスリランカ人の旦那さんで営むゲストハウス。

オランダ人旅人の声「スノーモンキーとゲストハウス蔵はセットです、どちらがなくても残念です。」

台湾人留学生の声「ここにゲストハウスがなかったら、本当の日本人の細やかな優しさに触れることなく台湾に帰国していた。」

日本人大学生カップル「行くかどうかすごく迷ったけど、ここまで足を延ばしてみて良かったです。重厚で立派な木造の家に包まれて眠るのはこれが初めてです。次回は両親と泊ります。」

須坂在住者39歳「すいません、私は泊ってません。でもこの町にゲストハウスができて何かが大きく変わり始めました。最初はいったい何をやるのやら、と遠巻きに見ていました。そのうちにやる気のある人が入ってきたり地元の人間も刺激されたり。ゲストハウスの近くの飲食店に英語のメニューがありました。本当に欧米の人が食べていました。英語が喋れないので、でも何かしてあげたくて、お茶のおかわりを注いであげました。サンキューとにこっとされました。それだけのことがとても嬉しくて。
東京などでは日常茶飯事の出来事でしょうが、この住む人もいない空き家古民家が沢山あり、シャッター通りの街に新たな風が吹いてきた気がします。最近では、この須坂を紹介するビデオが東京で賞をもらったとかで。確実に何かが動き始めています。生まれ育ったこの街が生き返り始めたような気がします。」

須坂在住「(おじいちゃんに代わって孫の私がこのメールを書いています。) ゲストハウスという宿泊施設ができました。若い人が帰ってくる、それはそれだけで宝です。近所に若い人の生活がある、それだけで勇気がわいてきます。これなら孫を東京に1度は出しても、きっとこの田舎に帰ってきてくれると信じることができます。信じることができるだけで幸せです。」

 

〔優秀賞〕

高野山ゲストハウスKokuu http://koyasanguesthouse.com/

Kokuuのデビューは鮮烈だった。大きな話題となり、本来ならば高野山にこないであろう多くの国内外からの旅人層を新たに引き寄せた。

 

伊勢のゲストハウス風見荘 http://ise-guesthouse.com/ja/

旅人が旅人を呼ぶ。それは風見荘に意識・無意識の内に存在する数々の仕掛けのせいかもしれない。伊勢地域で宿泊先を選ぶのではなく、風見荘に泊ってみたいから伊勢に行く、そんな若い旅人たちからも多くの支持を得た。もはや地域の拠点としてなくてはならない存在。

 

神戸新開地ユメノマド http://yumenomad.com/

ユメノマドはゲストハウスとしてはとても贅沢なスペース使いとなっており、アトリエ、ワークショップ、講演、など様々な使われ方をしている。大手ゲストハウスのオーナーもすぐに視察に行ったほど。「本当に良く考えられていてシッカリ作られている。参考になりました。」とのこと。

 

飛騨高山ゲストハウスとまる http://www.hidatakayama-guesthouse.com/

ご夫婦で運営する小さな宿の見本となるべきゲストハウス。地域コミュニティーとしての役割も。小さな家族経営のゲストハウスでも、地域との結びつきや人脈、ゲストとの関わり方を工夫することで、地域からも宿泊者からも信頼され大手と対等に共存できることを証明。旅人向けコンシェルジュ能力が高いと評判。

 

倉敷ゲストハウス 有燐庵 http://www.u-rin.com/

倉敷美観地区にあって、しあわせプリンの大ヒットでも有名。ゲストハウスを核として、数多くの地域興しプロジェクトを並列進行中。今後大きなうねりを作る可能性大。

 

とりいくぐる GUESTHOUSE&LOUNGE http://toriikuguru.com/

岡山市に突如として出現したNAWATE。小さなお店が数多く入居する手作り感たっぷりの複合型施設。その中にゲストハウスが存在する。通常はゲストハウスができ、軌道に乗り始めたところで多様な展開を見せるものだが、とりいくぐるの場合は最初から複合型施設NAWATEの一部分として存在。若きアーティストが集う。

 

自然菜食と田舎暮らしの古民家宿 空音遊 http://www.k-n-a.com/index.shtm

日本が誇る桃源郷ゲストハウス!是非ともリンク先をご覧頂きたい。ものすごい場所にありますよね、それなのにどのゲストハウスよりも先進的な取り組みをどこよりも早くやり始めています。それが証拠に、毎年多くの視察団がアフリカからも来るほど。

 

 

【女子旅応援ゲストハウス】

〔大 賞〕

Screenshot_409.png

・京都 ゲストハウス錺屋(かざりや) http://kazari-ya.com/

はい、断トツの支持。
京都ナンバー1乙女宿のゲストハウス錺屋(かざりや)が、日本一の女子旅応援ゲストハウスに!
この
錺屋は、元々京都一人旅をしていた女将が、「自由に気兼ねなく、女子1人でも泊れる安価な宿が欲しい!」と思い立って女将修行を経て開業した。元薬屋の町屋をリノベーション。ご自信もアーティストである感性を生かして、細部に渡って乙女心をくすぐるレアウトや小物たち。極力そのままに残したリノベーションも凄いが、女将の感性に見初められた家具やキッチン周りの小物など、究極まで研ぎ澄まされた乙女道には感心する他ない。

宿泊者の声
「いちいち可愛い」
「もう、予約を入れた時点で幸せですよ~」
「女将が可愛くて惚れそう(女性)」
「私もカフェをやっているのですが、泊るたびに新たな発見があり、勉強させてもらってます。」
「女子に生まれてきて良かったと思えるゲストハウス」

 

〔優秀賞〕

・長崎かがみや http://www.n-kagamiya.com/

もちろん男性やカップルからも人気だが、寄せられた推薦紹介の85%が女子(女性)から。
日本人女子だけでなく、台湾をはじめ多くの外国人女性からも強く支持された。
「かがみや」が無くなったら、もう長崎に行きません、との声も。それだけの魅力があるゲストハウス。
 

・カオサン東京ラボラトリー http://www.khaosan-tokyo.com/ja/laboratory/

カオサングループが、「女子運営による女子のためのホステル」をコンセプトに世の女性に問うた実験的な試み。女子にウケるホステルは、カップルや家族連れ、男性にとっても良いわけで、現在では多様な宿泊層に対応しスタッフに男性も。
最上階リビング脇のレストルームなどは、明らかに女子を優遇!これだけの設備は一般的なホテルでもそうはないだろう女子仕様。

 

・倉敷ゲストハウス 有燐庵 http://www.u-rin.com/

こちらは、女子向けに意識して作られたゲストハウスではないが、美観地区を含めた雰囲気がそうさせるのか、女子の推薦多数!
実際に宿泊しているのはバックパッカーよりも旅行の女子が多く、熱狂的な女子ファンをも生み出している。

 

 

【お知らせ&お願い】「JAPAN BACKPACKERS LINK AWARD 2014」
 

・すでに2014年度ゲストハウスアワードに向けてのレポートや宿泊のコメントや感想等を
 多数頂いております。
 

・対象は、2013年11月1日~2014年10月31日に日本に存在するすべてのインターナショナル
 ゲストハウス&ホステル&バ
ックパッカーズです。
 

・情報提供は、Eメール info@backpackers-link.com 、向井通浩名でのツイッターのDM&
 フェイスブックのメッセージ、対面で受け付
けております。
 ※また、近年はブログや動画での情報提供も多数あ
ります。

 Japan Backpackers Link 代表 向井通浩

 

 

 

1次ノミネート及びレギュレーション詳細

2012年度JBLアワーの結果  ※2011年度JBLアワードの結果

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

Screenshot_399.png

 【途中経過】

2次ノミネート(最終選考へ通過)

1次ノミネート ゲストハウス 107軒

2次ノミネート ゲストハウス 58件

・大賞&優秀賞 各賞最終発表 12月24日

〔大賞&優秀賞〕 大賞1 優秀賞12

〔JBLアワード選考委員長特別賞〕 1ないし2

〔地域コミュニティー&インバウンド貢献賞〕
 大賞1 優秀賞7

〔女子旅応援ゲストハウス賞〕 大賞1 優秀賞3

※各大賞・優秀賞共に該当無しの場合あり

1次通過ゲストハウス及びレギュレーション詳細

 

◆2次ノミネートは以下のゲストハウス&ホステル&バックパッカーズになります。(順不同)

※1次ノミネートをもってJBLが自信をもって利用を推奨できるゲストハウスですので、
  最終選考へ 通過した選りすぐりの優良ゲストハウスになります!

 

・ゲストハウス梅鉢 http://umebachi2009.com/

・ジミーズバックパッカーズ http://www.jimmyzbp.com/

・ゴリョウゲストハウス http://www.goryo.info/guesthouse/

・おたるないバックパッカーズホステル杜の樹 http://morinoki.infotaru.net/

 

・ゲストハウスtoco. http://backpackersjapan.co.jp/

・カオサン東京歌舞伎 http://www.khaosan-tokyo.com/ja/kabuki/

・カオサン東京オリジナル http://www.khaosan-tokyo.com/ja/original/

・カオサン東京ラボラトリー http://www.khaosan-tokyo.com/ja/laboratory/

・カオサン東京忍者 http://www.khaosan-tokyo.com/ja/ninja/

・カオサン東京侍 http://www.khaosan-tokyo.com/ja/samurai/

・Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE http://backpackersjapan.co.jp/nui/

・ケイズハウス東京 http://kshouse.jp/tokyo-j/index.html

・レトロメトロバックパッカーズ http://retrometrobackpackers.com/

・サクラホステル浅草 http://www.sakura-hostel.co.jp/jp/

・YADOYA GUEST HOUSE For BACKPACERS http://www.cheap-hostel-tokyo.com

 

・名古屋ゲストハウス 音速別荘 http://www.otohaya.com/

・鎌倉ゲストハウス http://www.kamakura-guesthouse.com/

・IZA鎌倉ゲストハウス&バー http://izaiza.jp/

・ゲストハウス蔵 http://www.ghkura.com/

・森と水バックパッカーズ http://www.morimizu.net/

・1166バックパッカーズ http://www.1166bp.com/

・カンデラゲストハウス http://candela.jyoukamachi.com

・ゲストハウス空穂宿 http://www.kuboshuku.com/

 

・カオサン京都ゲストハウス http://www.khaosan-tokyo.com/ja/kyoto/

・一円相 http://www.ichiensou.com/

・PIECE HOSTEL KYOTO http://www.piecehostel.com/

・Kyoto Hana Hostel(京都花宿) http://kyoto.hanahostel.com/index_j.html

・ジェイホッパーズ京都ゲストハウス http://kyoto.j-hoppers.com/j_index.html

・ゲストハウス パンとサーカス http://panandcircus.com/

・五条ゲストハウス http://www.gojo-guest-house.com/

・ゲストハウス錺屋 http://kazari-ya.com/

 

・ジェイホッパーズ大阪ゲストハウス http://osaka.j-hoppers.com/j_index.html

・Osaka Hana Hostel(大阪花宿) http://osaka.hanahostel.com/index_j.html

・ゲストハウスかみのろ http://www.caminoro.com/Japanese.html

・ゲストハウスおどり http://odori-osaka.com/

・谷9バックパッカーズ http://tani9-backpackers.com/

 

・高野山ゲストハウスKokuu http://koyasanguesthouse.com/

・伊勢のゲストハウス風見荘 http://ise-guesthouse.com/ja/

・神戸新開地ユメノマド http://yumenomad.com/

・萩ゲストハウスruco http://guesthouse-ruco.com/

・ジェイホッパーズ飛騨高山ゲストハウス http://takayama.j-hoppers.com/j_index.html

・飛騨高山ゲストハウスとまる http://www.hidatakayama-guesthouse.com/

・倉敷ゲストハウス 有燐庵 http://www.u-rin.com/

・とりいくぐる GUESTHOUSE&LOUNGE http://toriikuguru.com/

・姫路ガハハゲストハウス http://himeji588.com/

・自然菜食と田舎暮らしの古民家宿 空音遊 http://www.k-n-a.com/index.shtm

・ゲストハウスCarpe http://jp.guesthousecarpe.com/

・Hiroshima Hana Hostel(広島花宿) http://hiroshima.hanahostel.com/index_j.html

・金沢ゲストハウス ポンギー http://pongyi.com/index.php?FrontPage

 

・インターナショナルホステル カオサン福岡 http://www.khaosan-fukuoka.com/ja/

・カオサン福岡アネックス http://www.khaosan-fukuoka.com/ja/

・Fukuoka Hana Hostel(福岡花宿) http://fukuoka.hanahostel.com/index_j.html

・博多町屋ゲストハウス界音 http://www.kaine-g.com/

・博多呉服町ホステル高谷家 http://takataniya.com/index.html

・カオサン別府はまゆう http://www.khaosan-tokyo.com/ja/beppu/

・五島ゲストハウス雨通宿 http://gotogo.jp/

・長崎かがみや http://www.n-kagamiya.com/

・中島屋 http://nakashimaya.ikidane.com/index.html

 

以上 58軒のゲストハウス&ホステル&バックパッカーズになります。

 

※ゲストハウスの定義や数え方やは難しいのですが、総数約370件と考えると
    2次エントリー(最終選考へ通過)された宿は、上位約15%になります。

※本来であれば50軒程度の通過と考えておりましたが、近年日本のゲストハウスの
  レベルは世界的に見ても相対的にかなり高レベルへ推移しており、本年度は激戦
  を極めております。

 

※まだ12月にオープンを控えているゲストハウスもありますし、対象となる10月31日
    現在以降にオープンしたゲストハウスもあります。本年度末で概ね400軒弱になる 
    と予想されます。

 

1次ノミネート及びレギュレーション詳細

2012年度JBLアワーの結果  ※2011年度JBLアワードの結果

 

Japan Backpackers Link 2013年12月24日 11:20 PM
| Home |

infotitle

バックパッカー新聞
books
app
app

mailtitle

mail