うっかりiPhoneを落下させてしまった!考えられる不具合と対処法とは?

憧れのiPhoneをやっと手にいれた!今、iPhoneは昔よりもサイズが大きいモデルが増えているのでうっかり落としてしまうという事が多発しています。壊れていませんようにという願いもむなしく上手く起動できないとなったら落ち込んでしまいますよね。iPhoneは非常に精密な機械なので少しの衝撃で不具合が出る事も少なくありません。

不具合の種類は多々ありますが、その中でも多くみられる不具合とその対処法についてお伝えをしていきます。

高性能な機械はとても繊細

まず、高性能な機械はiPhoneに限らずとても繊細だという事を忘れてはいけません。

少しの衝撃で故障するという事は十分に考えられます。せっかく高いお金を出して購入したiPhoneのカメラがすぐに不具合を起こしては嫌ですよね。

ただし、大切に使っていたつもりでも予期せぬ時に不具合を起こす事はあります。

実際にiPhoneのカメラの不具合にどのようなものがあるかを具体的にお話します。

画面が映らない

まずは、iPhoneを落下させた際に一番多いのはこの「画面が映らない」という現象です。

iPhoneは精密機械なので、少しの衝撃でも不具合が生じやすい傾向にあります。壊してしまったかもとパニックになりますが、修理に出す前にできる対処法がありますので落ち着いて対応しましょう。

カメラの破損

カメラは端末の後ろに、言わばむき出しの状態で付けられているため落下の衝撃で破損してしまう可能性があります。画面にヒビが入る事でピントが合わなくなったり写真自体が取れなくなる可能性もあるので注意が必要です。

もっと深刻なパターンは、カメラのアプリを起動すると同時にアプリが閉じられてしまいます。この場合は設定などでは改善が難しいでしょう。

タッチパネルが動かない

強い衝撃が加えられて、タッチパネルが起動しなくなるパターンです。もし1度だけではなく何度もiPhoneを落下させている場合は、iPhoneの基板が破損している可能性が考えられます。そうすると、タッチパネルが正しく反応しないので注意が必要です。

故障だった時の対処法を解説!

ここまで、iPhoneを落下させてしまった時の不具合についてお話をしてきました。

「これって、故障してしまっているのかも?」

「修理に出さないとダメかなあ?」

と考える前にご自身でできる改善策があるのでご紹介します。

対処法①:強制再起動を試みる

特に画面が全く映らなくなった場合は、タッチパネルを使用できません。そんな時はiPhoneを強制的に再起動してみましょう。落下によるダメージが少ない場合は強制再起動により電源がもう一度つく可能性があります。

強制再起動の方法は機種によって異なっており、

・iPhone8以降:音量上げるボタンを押した後、音量下げるボタンを押す。最後に電源ボタンをappleマークが出るまで押す

・iPhone7:音量下げるボタンを同時にappleマークが出るまで10秒以上押す。

・iPhone6以前:ホームボタン(画面下にある丸いボタン)と電源ボタンを同時にappleマークが出るまで10秒以上押す。

この方法を試してみてもappleマークが出なければ再起動は難しい状況です。

対処法②:充電してみる

強制再起動ができない時、他にできる方法としては「充電をしてみる」です。

再起動した時に、故障しているのではなく単純に電池切れの場合もあります。

その時は、一度充電器にiPhoneを繋いでみて、充電ができるのであれば充電が完了した後に再度、再起動をしてみましょう。

対処法③:他の動いているアプリを終了させてみる

カメラアプリを立ち上げても、すぐに閉じてしまう場合は他のアプリに原因がある可能性もあります。もし、カメラアプリ以外で沢山アプリを起動させている場合は一度全てのアプリを終了させてみてください。そうする事によりカメラアプリが正常に作動する事があります。

もし、この方法を試しても改善がみられない場合は、故障している可能性もあるのでお店に相談してみましょう。

それでも直らない場合は修理依頼を

上記を試してみても改善が見られない場合は、画面修理を検討してみましょう。

もしAppleの保証に入っている場合は、通常よりも安く修理できる場合があるので一度相談する事をおすすめします。

iPhoneの画面修理は、AppleStoreか、それ以外での修理ショップでも可能です。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、「修理費用を少しでも抑えたい」「できるだけ早く修理してもらいたい」と考えている人にはAppleStore以外での修理ショップがいいかもしれません。

特に、最短で即日修理をしてくれるショップがあるので、仕事などで急ぎの方にとっては便利でしょう。

たとえば、画面が割れてしまった場合、そのまま放置して使っている人も見かけますが、あまり良くありません。破損が広がったりさらに他のところまで故障してしまう可能性があるからです。

心斎橋で修理するなら

心斎橋は大阪府内の中でも繁華街で、AppleStoreもあります。ただ、AppleStoreは込み合うことも多く、修理依頼を出すまでに時間を要することもあるので、できるだけ早く修理したい人向けに利用できる修理ショップを紹介します。

心斎橋でiPhoneの画面修理をしてくれるお店はいくつかあり、iCracked東急ハンズ心斎橋店、スマートドクタープロ心斎橋本店、スマホスピタル心斎橋店などがあります。

修理料金はそれぞれ若干異なるため、行く前にチェックしておきましょう。

まとめ

iPhoneは非常に繊細な機械なので、少しの衝撃で不具合が生じるという事は珍しくありません。

近年性能が向上しており、落下しても簡単に壊れないという意見もあります。しかし、何回も落としているとそれだけiPhoneにダメージを与えている事になるので注意が必要です。

iPhone落下による不具合の対処法としては

・強制再起動をかけてみる

・充電をしてみる

・アプリを立ち上げすぎている場合は終了させてみる

です。特に強制再起動は、成功すれば元通りに使える可能性もあるのでぜひ試してみてください。